アニメ原画の展示数がスゴイ!福島ガイナックスが始めたアニメミュージアムへ行ってきた - スポンサー広告制作会社探訪
--
--

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26
2015

アニメ原画の展示数がスゴイ!福島ガイナックスが始めたアニメミュージアムへ行ってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
どうも、地方アニメスタジオを見に行くことを趣味にしているものです。

地方アニメスタジオファン界隈で(そんなものあるのか?)、最近、話題になったのが、この春、福島県に設立された福島ガイナックスです。今年のはじめに突然発表されたわけですが、なんとアニメミュージアムも併設されるということで、どんなところか気になったので見に行ってきました。

このミュージアムは4月にオープンしたのですが、3月の下旬に声優さんなどをゲストに呼んだプレオープンイベントが開催されてたのです。しかし、私はというと、京都遠征中でそのイベントへ行けなかったのです。悔しい・・・。なので、翌週の4月の第一週の土曜日にさっそく訪れることにしました。


まずは、北の玄関口、上野駅からスタート。18きっぷが余っていたので、鈍行で、ひたすら東北本線を北上して行きます。
16412557824_f518ed3987_z.jpg


郡山で磐越東線に乗り換えて、ミュージアムの最寄り駅である三春駅で下車します。三春町は滝桜で有名でして、滝桜の開花の1週間前だったので、駅は既に桜だらけでした。
17035003795_cd5b0f2c63_z.jpg
16847211328_181a848544_z.jpg


上野駅から三春駅まで5時間くらいかけて来たのですが、実はここからが大変なのです。目的地である福島ガイナックスのミュージアムは駅から5.5キロほど離れているのです。バスも走ってますが、ミュージアムへ行くバスは一日に数本しかない上に、土日は運休なのです。なんてこった。これは観光客向けではなく町民の通勤や通学として使われるバスなので仕方ありません。



駅からの交通手段は万策尽きたと思ったら、目の前に町営バスが止まってるではないですか。以前、「GAINAXが福島県にオープンさせるスタジオとアニメミュージアム一体施設へのアクセスを調べる 」という記事を書いた時に、町営バスについて調べていたのですが、ミュージアムへ行く途中にある三春中学校まで行くバスが2時間に1本くらい出てることを知りました。もしやこれがそのバスでは?

バスの運転手さんにどこまで行くバスか聞いたところ、やはりこのバスが三春中学へ行くバスだったのです。これは運がいい。というわけで、三春中学校まで急きょ、バスで移動することに。ありがてー。これで自力での移動距離は2.5キロほどまでに縮まりました。

さて、バスに乗れたのは運が良かったのですが、このバスを降りてからが問題です。実は、今回、公共交通機関に頼れない場所ということは分かっていたので、秘密兵器を持参していました。それは、折りたたみ自転車です。これさえあれば、公共交通機関が無くても、10キロくらいまでの距離ならば快適に移動できるわけです。というわけでバスを降りてからはひたすら自転車をこいでミュージアムへ向かいます。坂道とかもありましたが、なんとか辿り着いたのがこちら。
16847481940_0277678b5a_z.jpg

やっと着きました!福島ガイナックス!

立派な駐輪場も完備されてます。かなり台数がおける駐輪場なのにワイのチャリしかないけどな。
17033567312_3f77a1c5c8_z.jpg

場所柄、みんな車で訪れるようです。なので駐車場もしっかり50台分完備されてます。お越しの際は車がオススメですよ。

そんで入り口。廃校校舎を利用しているのですが、かなり綺麗です。
16414875413_5e498d143a_z.jpg


入場券を買って中へ入ると、まず、グレンラガンの原画展示コーナーがあります。コピー原画なんですが、とにかく展示点数が多くてビックリです。以前、渋谷の「galaxxxy」でやった原画展も圧倒されたのですが、コチラのほうが広いので、さらに展示数が多いです。下の写真で見るだけでも沢山ありますが、これでもほんの一部なんですよ。スゴイ。

16414675863_fa85881c70_z.jpg
17034730675_3c1d7a58eb_z.jpg
17036255771_517d7516b3_z.jpg
17033324162_9fa7f73b2c_z.jpg
17033915701_c09a274308_z.jpg
16848570399_9b31641a9e_z.jpg
17033346852_d826af6db0_z.jpg
16847197310_0317aee28a_z.jpg
16846945668_ce43618a03_z.jpg
16827335577_8b1b870c70_z.jpg
16827363027_fe493c41aa_z.jpg


更に進むと、こんなコーナーも。懐かしい作品もありますぞ。
17034779355_8477a50ae6_z.jpg


そして、次へ進むと見えてくるのが、常設展の「ガイナックス流アニメ作法」です。これは2012年に東京アニメフェアのガイナックスブースで展示されたもので、アニメがどのように制作されていくかを展示した企画です。あの時よりも会場が広いので、もしかしたら何か追加されてたかもしれませんが、基本的に当時と同じ内容だと思います。しかし「SHIROBAKO」や「アオイホノオ」を見た後の2015年にこの展示を見直すと、2012年に見た時よりも更に楽しるので、東京アニメフェアで見た人も、もう一度、ここへ見に来る価値のある展示だと思います。
16412400344_1732a16f08_z.jpg
17033981151_9212e6813c_z.jpg
16848636259_ee50beec97_z.jpg
16847329880_a072c80fe2_z.jpg
16847082908_3be0dc32e8_z.jpg
17033438462_4ac0aa44ca_z.jpg
17113486341_9f5d4bd571_z.jpg
16906837987_3a14264801_z.jpg
17113877371_d9bed17c94_z.jpg
16494492593_42ba0a123d_z.jpg
16907260007_3b186bdd79_z.jpg
17114016661_ae837e7803_z.jpg
16928495709_d98a5584b3_z.jpg


「ガイナックス流 アニメ作法」の展示が終わり、2階へ行くと「寿司くん」の展示があります。2階は期間ごとに展示が入れ替わるのかな。
16492330674_d32d0ba06e_z.jpg


あと特に2階に多かったのですが、会場の至る所に看板が飾られてて、これが面白い。この看板は前の週に行われたイベントに来た声優さんやスタッフさんが描いたものから、ガイナックスが、毎年、米子でやってるイベントに来たアニメタさんや漫画家さんのものまで沢山展示されてます。松本大洋先生のとかもあってビックリ。
17033857681_c54d3d2e52_z.jpg
16907420357_70550691a9_z.jpg

というわけで、ざっとレポを載せてみましたが、実際に見に行くとかなり盛りだくさんなので、福島方面へ出かける予定がある人は寄ってくると楽しめると思います。ただし、駅からは離れているので車で行くことをおすすめします。駅からミュージアムまで行くバスが走るようになると、もう少し行きやすくなるので、なんとか新路線のバスを作っていただきたいです。



(関連)
空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎 | 福島ガイナックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。