第18回文化庁メディア芸術祭受賞作品展 アニメ部門レポその1「たまこラブストーリー」 - アニメ
16
2015

第18回文化庁メディア芸術祭受賞作品展 アニメ部門レポその1「たまこラブストーリー」

CATEGORYアニメ
このエントリーをはてなブックマークに追加
8日に見てきた第18回文化庁メディア芸術祭受賞作品展を見てきました。アニメ部門で受賞をした「たまこラブストーリー」「ジョバンニの島」「クレヨンしんちゃん「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」といった日本の商業アニメの展示を目当てに見に行ったわけですが、その他、海外の短編作品も展示が充実しておりとても楽しめました。今回は、そんなアニメ部門の展示のレポを掲載していきたいと思います。


まず、今回のアニメ部門受賞作品一覧。一部、受賞監督のサインが書かれていました。
16477803105_29ea6caba5_k.jpg



新人賞「たまこラブストーリー」監督:山田尚子

高校3年生に進級した主人公・北白川たまこの頭の中は、大好きなお餅のことばかり。学校の帰り道、たまこは仲の良い友人たちと進路の話をしていた。不安を抱えながらも将来のことを考えている友人たちに対して、彼女は何気なく、将来は家業のお餅屋を継ぐと答える。周りが変わっていく予感を少しずつ感じ始めた頃、たまこは幼なじみの大路もち蔵から、東京の大学へ行くことを告げられる。幼い頃からもち蔵とずっと一緒に過ごしてきたたまこにとって、それは思いもよらないことだった。そしてもち蔵から「俺、たまこが好きだ」と告白を受ける―。突如訪れた“恋”というきっかけが、ひとりの少女を大人の階段へと導く。テレビアニメーション『たまこまーけっと』の続編となる青春物語。

第18回文化庁メディア芸術祭より)



カップルで展示を見に来ていると「たまこラブストーリー」の展示は彼女のほうがテンションが上がっているというのが印象的な展示でした。劇場でもコアなアニメファンに混じって女性の姿が多かった本作ならではの光景でしょう。展示は絵コンテ、原画、美術など幅広く展示されており「たまこ」ファンも満足な内容になっていたと思います。展示されていたコンテのセレクトが、もち蔵のシーンが多かったのは選者の好みでしょうか。

16476589102_747b4a1248_k.jpg

16451544886_7198189217_k.jpg
16291644857_0a7ff9c32e_k.jpg
15857439033_ea2d3d7a5d_k.jpg
15855014864_bd163f8026_k.jpg


京都駅へ向かうたまこの原画等
15855040044_70a972160a_k.jpg
15857467253_435f082bbb_k.jpg
16289858058_3d9c64ba8e_k.jpg
16451553816_7555f2ae7c_k.jpg
16477568205_e4ab7e73c7_k.jpg
15857458603_56d24c4520_k.jpg
16475825091_ee50b71478_k.jpg
16475826951_8e7c81f036_k.jpg


背景。何気に山田監督の「尚」というハンコが気になります。
16477588935_c4862e6cfa_k.jpg
16477585215_4fbdcb9636_k.jpg
16291322409_9ae0cd6718_k.jpg

16477616905_69a557e751_k (1)
15857500463_c276df6a6b_k.jpg



商店街の美術ボード
16291714527_afe03ab0a4_k.jpg


16475881911_93c29b4aec_k.jpg

15857510763_163f4803e2_k.jpg
16290193100_0dfe9a68ca_k.jpg
16291374189_6efb1cd2b4_k.jpg
16290204340_feadf4f2c0_k.jpg


以上。

次回、第18回文化庁メディア芸術祭受賞作品展 アニメ部門レポその2「クレヨンしんちゃん「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」を掲載予定。


(関連)
  • 第18回文化庁メディア芸術祭受賞作品展 アニメ部門レポその2「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」