JR新潟エリアの車内ビジョンで「フミコの告白」と「陽なたのアオシグレ」の放映が開始、しかし実際に見るのはかなりハードルが高そう - スポンサー広告アニメ
--
--

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24
2015

JR新潟エリアの車内ビジョンで「フミコの告白」と「陽なたのアオシグレ」の放映が開始、しかし実際に見るのはかなりハードルが高そう

CATEGORYアニメ
このエントリーをはてなブックマークに追加
16061866112_1a9ae8b550_z.jpg
スタジオコロリドのFacebookTwitterに新潟エリアを走るJRのE129系 車内ビジョンで「フミコの告白」と「陽なたのアオシグレ(予告編)」が放映されていることが告知されました。新潟まで行くのは大変ですが車内でフミコが見られるのは気になります。



そもそも新潟地区を走るE129系とは何なのか。簡単に言うと、昨年の12月から新潟県内の信越線、越後線、白新線、上越線で走り始めた新車の車両です。なので、まだ走っている数も少なく、あまりお目にかかれないレア車両なんです。

さらにE129系に車内ビジョンなんて付いてだろうかと思って調べてみると、やはり元々は付いていなかったのですが、最近、外付けの車内ビジョンを導入した編成が現れたようです。また新潟日報にも車内ビジョンの試験放送が新潟地区で始まったという記事がありました。

試験放映は19日夜から始まり、2両1編成で信越線、越後線、白新線などを走っている。50分間にわたり新発田市の月岡温泉など観光地や、専門学校などの情報が約100本流れる。



なんと車内ビジョンがあるのは、1編成(E129系A9編成)だけの模様、しかも100本(50分間)も流している中の1本なので、この条件でコロリドの映像を車内で見るのはかなりハードルが高そう。見られたらラッキーです。新潟ではハイキュー原画展の後期展示が始まったので、新潟へ行った際に見られたら良いなぁと思いましたが、これは運に任せるしかなさそうです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。