【マチ★アソビ2014】Fate/stay night [UBW] 放送開始直前にufotableスタジオ内ではスタッフさんが続々とダウンする大事件が起こっていた - アニメ
21
2014

【マチ★アソビ2014】Fate/stay night [UBW] 放送開始直前にufotableスタジオ内ではスタッフさんが続々とダウンする大事件が起こっていた

CATEGORYアニメ
このエントリーをはてなブックマークに追加
マチ★アソビのレポを書こうと思ってたら、各地のサイトでレポが上がりまくっていて書くことがなくなってきたのですが、なぜか「デジタルクリエイター人材発掘セミナー「Fate/stay nightをつくる(ing:現在進行形)」」のレポだけ上がらないではないか。これは同じ時間にやっていたアイマスのステージへ行ってたので、このセミナーが見れなかったのだな。ということで、そのセミナーの話を少し書いてみることに。

今回の、セミナーではFate/stay night [UBW]の制作話を聞けてかなり面白かったのですよ。近藤社長、三浦監督、キャラクターデザインの田畑さんが話をされました。田畑さんが描くエロい絵についての話なんかも非常に興味深かったのですが、そんなセミナーの中で一番インパクトが有った話がFate/stay night [UBW] 0話の放送一週間ほど前に高円寺のufotableスタジオを襲った前代未聞の大事件の話。

ある日、近藤社長が体の調子が悪いので病院へ行ってみると、この時期に珍しくインフルエンザと診断されてしまったというのです。実は、そのころ、ufotableのスタジオでは近藤社長と同じくインフルエンザや風邪に感染するスタッフがが続々と現れ、スタジオから半数のスタッフがダウンするという大ピンチ。

事態を重く見た制作部が、その時にufotableのスタジオで貼った張り紙がこれだそうな。


(画像クリックで拡大)
Bzt3DaBCIAATK45.jpg

これはセミナー参加者全員に配られました。


近藤社長曰く「世の中では全然、インフルエンザの流行なんて騒がれていないのに、ufotableだけは撃沈状態。ほんと次々に倒れていったよね」とのこと。結局、スタッフさんが大量にダウンしたことが影響して1週間、Fate/stay night [UBW]の制作がストップしてしまったということで、かなり深刻だったみたいです。幸い、余裕をもってスケジュールを組んでいたので、大事には至らなかったようですが、集団作業の場でこういうことが起こると大変なことになりますね。三浦監督やキャラクターデザインの須藤さんが感染しなかったのも幸いだったみたいです。制作部では須藤さんだけは感染しないように隔離しましょうと話していたとか。

海外ではエボラ出血熱が騒がれていますが、こういう話を聞くと、エボラ出血熱が日本に入ってきたらと考えるとゾッとしますね。


ちなみにSHIROBAKOではこういう事態は描かれるのだろうか。ぜひ描いて欲しいです(別の会社の話しだしないだろ)