近藤喜文展、新潟まで行くお金がなければ18きっぷで行けばいいじゃない(往復2370円のモデルプラン) - アニメ
03
2014

近藤喜文展、新潟まで行くお金がなければ18きっぷで行けばいいじゃない(往復2370円のモデルプラン)

CATEGORYアニメ
このエントリーをはてなブックマークに追加
14626017997_56096a4281_z.jpg


作画マニアの間で話題沸騰中の近藤喜文展。しかし開催地が新潟ということで、時間とお金が無いという声が聞こえてきます。時間が無いなら角栄が作った上越新幹線に乗って行くしか無いとして、問題は交通費です。角栄の作った上越新幹線は往復で2万円以上します。

8月はコミケなど出費の重なる時期です。それならば交通費を節約しましょう。池袋から新潟までは高速バスも出ています。この時期だと往復で1万円ちょっと。所要時間は片道5時間ちょっとなので、まあまあの選択肢ですが、それでも高いというあなたにとっておきなのが、青春18きっぷです。これを使えば、東京近郊に住んでる方までなら新潟まで日帰りで行けます。青春18きっぷとは5枚綴りで11850円で販売されているJRの普通・快速列車のみ乗り放題となる切符です。一日分で換算すると2370円で往復してこれます。余った4回分は他の場所へ旅行へ行ったりできます。またヤフオクや金券ショップで売るという手もあります。

18きっぷの詳しいルールはこの辺りのページでチェックしてほしい。

さて、18きっぷが安いのは良いのですが、いったいどのように行けばよいのか。土曜休日ダイヤでモデルルートを作成してみました。

まず上野駅はこの2つのどちらかの電車で出ましょう。前者はかなり朝が早いので、乗るのは難しいかもしれません。後者だと新潟滞在が1時間ほどなので、展示を見るのがやや厳しいかもしれません。

※土曜休日ダイヤ

上野
05:13-06:55高崎線(高崎行)

高崎
07:10-08:14上越線(水上行)

水上
08:24-10:18上越線(長岡行)

長岡
10:38-11:53信越本線(吉田行)

新潟



※土曜休日ダイヤ

上野
06:15-08:01高崎線(高崎行)

高崎
08:24-09:31上越線(水上行)

水上
09:47-11:47上越線(長岡行)

長岡
12:42-13:56信越本線(新潟行)

新潟



新潟駅から会場まではバスが出てます。所要時間は10分ほど。1時間に2本ほど出てます。帰りの電車は下記のプランが終電です。これに乗れないと帰れなくなるので注意してください。上越線は非常に本数の少ない路線ですので乗り遅れたら、諦めて新幹線に乗って帰ってください(その場合、18きっぷは新幹線の乗車券としては使用できません)。

※土曜休日ダイヤ

新潟
15:05-16:25信越本線(長岡行)
長岡
16:26-16:31信越本線(直江津行)

宮内(新潟)
16:36-18:32上越線(水上行)

水上
18:37-19:39上越線(高崎行)

高崎
19:53-21:45高崎線(上野行)

上野



以上です。
18きっぷはルールが特殊な切符なので事前にルールをしっかり頭にいれておきましょう。また、何度も言いますが上越線は非常に本数の少ない路線です。鉄道旅行に慣れていない場合は時刻表などを持って行くことをオススメします。

ちなみに自分は、往路を18きっぷで、復路は新幹線を使いました。