たまこラブストーリー、京都駅 新幹線ホームに見る謎のこだわり演出 - アニメ
01
2014

たまこラブストーリー、京都駅 新幹線ホームに見る謎のこだわり演出

CATEGORYアニメ
このエントリーをはてなブックマークに追加
名称未設定



たまこラブストーリー見ましたか。
見に行きましょう。

そう言いながら見てない人へネタバレになる話を一つ。

※以下ネタバレありです

クライマックスは京都駅の新幹線ホームが舞台となってます。そこで聞こえる音が気になりませんでしたか。ホームで聞こえた電車の音がですね、明らかに新幹線のものではないのですよ。通勤電車の音なんです。これって、面倒だから新幹線の音源を使わなかったのだと思ってたのですが、Twitterで検索をかけてみたら、どうもそうじゃないらしい。




なるほど。
京都駅の構造を知らない人の為に説明をすると、近鉄の京都駅は新幹線ホームの真下にあるのです。こんな感じ。2階が近鉄で3階が新幹線。

ekiImage.gif

よく考えるとですね、映画の中で通勤車両の音が聞こえている時にはホームに新幹線がいないのですよ。そして、もし新幹線がホームに入線して来たら、うるさくて、たまこともち蔵は会話が出来ないので、この時に聞こえる電車の音は下を走る近鉄のものだと言われると合点がいきます。

ところで京都駅から新幹線を利用したことがありますが、近鉄の音なんて聞こえたっけと思うあなた。私も思いましたが、情報を探してみるとどうも聞こえるらしい。



どうも聞こえるらしい。細かいなぁ。
しかし、こんな細かい演出をしておいて、鉄道ファンの間からは、あれは、ちゃんと近鉄の音を使っておらず、別の鉄道会社の通勤車両からの音を使用しているのではないかという疑問が出ているようです。





つまりですね。映画の演出上、あの音は下を走っている近鉄の音を表現しているけれど、使っている音源は別の鉄道会社(京阪?地下鉄?)の列車の音を使用している可能性があるということです。

ややこしいわ。
なんですかこの微妙なこだわり。

恐らく、新幹線ホームで下を走っている通勤電車の音が聞こえてるという情緒は映画的に必要な演出だけれども、その音が必ずしも近鉄で無くてはならないという鉄道マニア的なこだわりは無いということですね。突き詰めると、こだわりを求めている部分の考え方が面白いなぁ。


<追記>
ホームで聞こえた音は近鉄車両の可能性が高いみたいです。
ちゃんとこだわってた。