実は原作と大幅に話が異なるアニメ「中二病でも恋がしたい」 - アニメ
04
2012

実は原作と大幅に話が異なるアニメ「中二病でも恋がしたい」

CATEGORYアニメ
このエントリーをはてなブックマークに追加
六花


中二病発症中の小鳥遊六花と彼女に振り回される元中二病の冨樫勇太のドタバタコメディ「中二病でも恋がしたい」の1話が放送されました。動く、六花ちゃんかわええ~。2話はもっと可愛いぞ。(先行上映で視聴済)


さて、この第1話を見た原作組は、違いを感じていることでしょう。
今回、この作品で京都アニメとしての大きな冒険とも言える大改革を行っています。それは原作の扱い方。なんと、「中二病でも恋がしたい」は原作のキャラ設定だけを活かしつつ、お話が大幅に違うのです。2話になるとさらに別物。EDを歌っている4人のメイン声優さんが演じるキャラクターのうち2人は原作にはいないアニメオリジナルキャラクターですし、他にも1話で名前だけ出てきた六花の姉などアニメオリジナルのキャラクターが増やされています。


そもそも京都アニメーションと言えば原作の雰囲気を壊さず、原作ファンも安心して楽しめる作品を世に送り出してきたことに定評がありました。これが京都アニメの人気の一つとも言えるでしょう。それを確立したのは、なんといっても「AIR」「Kanon」「CLANNAD」といったKEY作品のアニメ化。KEY作品の監督であった石原さんも、それを意識して作られてきたことはインタビューなどで語っており、KEYの次回アニメ化作品である「リトルバスター」についてはファンのみならず関係者からも「リトバスのアニメ化を京アニで」という声が上がるほどの信頼があったわけです。その石原監督が「中二病でも恋がしたい」では原作の大幅改変に踏み切ったわけです。改変した理由には原作のストックが少ないということや、原作の展開がアニメでは、やや地味ということが考えられますが、オリジナルキャラの大量投入など、これほどの大胆な改変は、これまで京都アニメにはなかった大事件といえるでしょう。


ところで、この作品、なぜ原作と大幅に違うのに話題にならないのか。その原因は「中二病でも恋がしたい」の原作が、そこまで知名度のある作品とは言えないからです。作品の内容云々ではなく、この作品が、KAエスマ文庫という、京都アニメが出しているインディーズのライトノベルレーベルだからです。基本的には一般の書店では流通しておらず、京アニショップと一部の提携店舗にしか置かれていない為、手に入れるハードルが高いのです(※10月から文教堂での取り扱いが始まったので、ハードルが少し下がりました!)。「中二病でも恋がしたい」の大幅改変は、この自社レーベルのライトノベルだったことも関係がありそうな気もします。


しかし、この作品、原作から大幅に改変されたからと言ってアニメが原作よりも面白くないかというと、そうではないわけです。むしろ話のテンポが原作よりも上がり、アニメとして見やすくなってるでしょう。少なくとも先行上映で見た2話まではかなり面白です。2話はアクションシーンもあり、見所がいっぱいあります。そういう意味で出だしは成功しています。なので、このアニメが最後まで終わった時点で「原作レイプ」と評価されるのか、それとも原作よりも更に面白くした改変した「原作逆レイプ(そんな言葉あるのか)」と評価されるのか、今から非常に興味深いところです。



中二病でも恋がしたい!  (1) [Blu-ray]中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray]
(2012/12/19)
福山潤、内田真礼 他

商品詳細を見る