アニメの貴重な資料や撮影台を見ることができる無料のミュージアムをハシゴしよう - スポンサー広告アニメ
--
--

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20
2012

アニメの貴重な資料や撮影台を見ることができる無料のミュージアムをハシゴしよう

CATEGORYアニメ
このエントリーをはてなブックマークに追加
E835D6B1-98CB-46BF-B2B2-E70202A1F512.jpg


アニメ制作会社が固まっている地として盛り上げているのが、杉並区と練馬区。その両方には無料で入れるアニメミュージアムがあります。実はお隣同士の区なので、ハシゴすることは可能なので行って来ました。

まずは荻窪からバスで5分、徒歩15分ほどの所にある杉並アニメミュージアム。本日まで特設展のマッドハウス展が行われておりました。後半は今敏さんの展示も力が入っていて、今さん直筆のPERFECT BLUEのメモや絵コンテ、キャラ設定、シナリオなど昨年、新宿で行われた今敏展でも見ることのできなかった貴重な資料も展示されていました。次の特設展はゴンゾ展だそうですよ。


大きな地図で見る

0E5008B9-D352-497B-89F1-F8A72B6576F7.jpg
E0C54CB4-B851-460B-ADC3-4980115280AD.jpg


常設展の方でもアニメの歴史の展示や、富野さんの仕事机を再現したものもあります。杉並アニメーションミュージアムで注目なのは、視聴覚室。古いアニメから最新のアニメまで色々なアニメが見ることが出来ます。個別に使えるモニターとヘッドフォンが設置されており無料でアニメを見ることができます。あと、個人的なオススメは、今日、展示してあることに気づいたのですが、セル時代に使われていた撮影台が展示されています。
7232730856_c4f5461541.jpg
7232732362_e06555cefc_b.jpg
この撮影台はトランスアーツ多摩スタジオで使われて、その後、国分寺スタジオに移設して使っていたものだそうです。



次に向かうのが、石神井公園の中にある練馬区ふるさと文化館。杉並アニメーションミュージアムから歩くと50分くらいかかります。気合で歩くという手もありますが、荻窪駅に戻ると石神井公園へ行くバスが出ているので、そちらがオススメ。

大きな地図で見る

7232773500_6e49795b90.jpg
7232774932_70f10e61cd.jpg


この練馬区ふるさと文化館は先日、メールで教えて頂いたのですが、東映動画(現・東映アニメ)で使われていた撮影台の展示がります。こちらの東映の撮影台は、杉並アニメーションミュージアムで展示されていたトランスアーツのものよりも一回り大きいです。あとボタンを押すと、セルお送りと戻しが出来るので楽しめます。ちなみに東映の撮影台は他にも保存されているところがあるみたいです。一台は森川嘉一郎さんが廃棄される寸前のところを確保したことがTwitterで呟かれてました。その撮影台は明治大学に保存されてるのかな?
http://twitpic.com/5db6n2


あと日大にもあるかもしれないらしい。以前、角銅博之さんが呟かれてました。
https://twitter.com/#!/kakudou/status/29265015424942080

でも東映の撮影台が誰でも見られる状態になっている場所は、ふるさと文化館だけですね。区の博物館ですし無料です。杉並アニメーションミュージアムもですが、廃棄されてしまうかもしれない、貴重な撮影台をちゃんと博物館に展示して下さってありがたいです。ちなみに、ふるさと文化館には他にもアニメの資料展示があります。今は、龍の子太郎の資料展示があります。あと、メモルとかドラゴンボールGTのセルなども少しありました。



次にオススメなのは、西武池袋線で石神井公園駅のお隣、大泉学園駅の近くにある東映アニメーションギャラリー。石神井公園からも歩いて30分くらいでいけますね。

大きな地図で見る

IMG_1340.jpg

>IMG_1341.jpg


先週、ブログで書きましたが、ここも無料。東映アニメーションの社内にあるアニメ博物館です。東映動画時代の貴重な資料からハトプリ等身大像まで、様々なそうが楽しめるギャラリーになってます。歴代の東映作品のフィギュアなんかも展示されています。マニアックな人向けには白蛇伝のセルや原画、狼少年件の資料。ほかにも東映長編の資料が展示されているので、楽しめると思います。森康二さんや大塚康生さんの写真もあります。今は、7月まで「虹色ほたる」展が行われているので、向かいにあるTジョイ大泉で映画を見てから行くのも楽しいです。

というわけで、頑張れば一日でハシゴできるアニメミュージアム特集でした。自分は、これらの博物館を歩いて回りながら途中にあるアニメ制作会社を見て回ったので、さらに楽しめました。このあたりには何十ものアニメ制作会社があるので調べていくとまた違った発見がありますよ。


(追記)
歩いて回るのは結構、時間が掛かるので3箇所をハシゴするためのバス情報を載せておきます。
●【荻窪駅 → 杉並アニメーションミュージアム】


西武バス 荻13 荻14:「荻窪駅」→「荻窪警察前」下車徒歩3分
or
関東バス 荻32    「荻窪駅」→「荻窪警察前」下車徒歩3分


もしくは荻窪駅から徒歩15分


●【杉並アニメーションミュージアム → 練馬区ふるさと文化館】

西武バス 荻14 「荻窪警察前」→「JA東京あおば」下車徒歩5分




●【練馬区ふるさと文化館 → 東映アニメーションギャラリー】

西武バス 荻15「三宝寺池」→「大泉学園駅南口」下車徒歩15分




●【東映アニメーションギャラリー → 杉並アニメーションミュージアム】

西武バス 荻15「大泉学園駅南口」→「荻窪駅」下車徒歩15分
or
関東バス 西03「大泉学園駅南口」→「西荻窪駅」下車徒歩15分


0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。