「時をかける少女」のオバサンは、のび太の先生の名言にジーンとしていた? - アニメ
14
2012

「時をかける少女」のオバサンは、のび太の先生の名言にジーンとしていた?

CATEGORYアニメ
このエントリーをはてなブックマークに追加
名称未設定 2

「時をかける少女」を久しぶりに見直しました。
いつも見ているときに気になるけど最後まで見てしまうと、どうでも良くなっていたことなんですが、映画の序盤で真琴が踏切で事故にあった直後にタイムリープして、気がつくとオバサンと衝突していて怒られるシーンがあります。

名称未設定

「目がなんで前についてるかわかる!? ちゃんと前見て歩くためよ わかった!?」とブチギレられます。

このセリフって、聞き覚えが・・。
名称未設定3

9巻のジーンマイクの冒頭のシーン、のび太が感動した先生の名言じゃないですか。オバサン、藤子ファン?
以上、別に大したことじゃないんですが、気になったことを思い出しただけです。



ちなみに、しずかちゃんは感動しません。
名称未設定4
これは、のび太の聞き方が悪い。
なぞなぞになってる・・・。


(追記)
これを書いて一晩寝たあとに思ったこと。
つまり先生の言葉とミックスすると分かりやすくなるけど、「時をかける少女」でテーマとなっている「Time waits for no one」を、序盤でおばさんが
「目がなんで前についてるかわかる!? ちゃんと前見て歩くためよ わかった!?」
というセリフで表しているのか。

「ふりかえらないで、つねにあすをめざしてがんばりなさい」
って先生のセリフはまさに「時をかける少女」の真琴にかけている言葉だ。

0 Comments

Leave a comment