スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マッドハウス展-40年の歩み-』展示内容メモ 

IMG_0945.jpg

2月25日に杉並アニメーションミュージアムで行われている企画展『アニメーション制作会社MADHOUSE展 ~40年の歩み~』に行って来ました。
撮影は禁止だったので、展示内容をメモしておくことに。誰向けか分かりません。

『マルコポーロの冒険』:絵コンテ
『幻魔大戦』   :絵コンテ、美術設定、キャラクター設定
『メトロポリス』 :名倉靖博さんの初期原案、キャラクター設定、
          レイアウト修正
『十兵衛ちゃん』 :キャラクター設定、1話の絵コンテ、シナリオ、
          「作画のこころえじょう」(作画の注意事項)
『デジキャラット』:1話のコンテ。キャラクター設定、ムック、DVD
『CCさくら』   :ムック、DVD
『はじめのの一歩』:キャラ設定、作画の注意事項、美術設定。
『チベット犬物語』:キャラ設定。

細田守さんの仕事机を再現した写真のパネル



杉並アニメーションミュージアムのホームページにある展示作品一覧をみると他に下記の作品名が上がってるのですが、もしかしたら途中で展示の入れ替えがあるのでしょうか。


VAMPIRE HUNTER-D
パーフェクトブルー
REDLINE
よなよなペンギン




実はここで展示されていた『十兵衛ちゃん』第1話の絵コンテは描いたご本人の大地監督も持っていないものみたいです。というか展示されていたものが直筆の絵コンテだったような・・・。




ちなみに大地監督の絵コンテも展示されている「十兵衛ちゃん」コーナーには、キャラクターデザインの吉松さんが描かれたと思われる「作画のこころえじょう」という武士言葉で説明書きがしてある作画注意事項も飾られています。読むと楽しいです。あとは「はじめの一歩」ガゼルパンチの作画注意事項や「千堂の意識失せし瞳の処理」なんかも興味深かったです。他にも名倉靖博さんの「メトロポリタン」初期原案なども見れて嬉しかったです。

展示スペース自体はそんなに広くないですが、無料なのでお近くの方は是非。

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。