スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20代のアニメ業界人が劇場版「銀河鉄道999」を誰も見ていないという衝撃 

名称未設定


今日の昼にメディア芸術祭の分野別会議にufotableの近藤社長が出演されていたのですが、そこの座談会で近藤社長から20代のアニメ関係者が誰も映画「999」を見ていなくてショックを受けたという話が出てました。


http://www.ustream.tv/recorded/20656069


アーカイブが残されているので、今も見ることができます。
1:43:40くらいから。


うちの会社、もしくはこの前衝撃だったのがアニメーションの本や雑誌の編集をやってる20代の方に聞いてみたら、最近30人以上に聞いてるんですけど『銀河鉄道999』の劇場版を見てる人を一人も知らない。全員が見ていない。僕には衝撃です。

今で言う『けいおん!』以上の大ヒットですよ。当時、見てない人がいない。

だからアニメ業界で『999』のこんな感じねって話して通じていたのが、ほとんど通じない。じゃあそういう状況で、僕らは映画館をどうやっていくのか。「『999』は見るべきだ」じゃなくて、仮に見てもらいたいならどう見てもらわなきゃいけないのか。それは僕らが面白いものだから見てもらいたいと思うじゃないですか

一過性でポンとイベントをやると来るのは40代、50代、60代、それじゃノスタルジックだからダメだ。どうすれば見てもらえるかってのを僕らが今、真摯にやろうとしていることです。



20代のアニメファンが『999』を見てないってのは、昔の作品だし想像はつくのですが、ただ、ここでは近藤さんの場合、そういう作品も今度徳島に作る映画館で流していくとしたら、どうやって宣伝しアピールしていくかっていう話なんですね。

クリエイターもアニメをあんまり見てなくて、アニメーターになられる方もいるらしいし、仕事を始めたら忙しいので、そんな感じかなとは思ったり。でも、アニメ雑誌編集者もそんな感じなんですかね・・・。アニメ編集者だとアニメを見るのも仕事だし、『999』程のヒット作品だったら、どうしても仕事として見ることになってしまうかなと思うのですが・・・。アニメ編集者が見ていないってのは、たしかにちょっと衝撃でした。



(追記)
これを読んでアニメ業界人は「999」を絶対に見なければならないみたいに捉えられてしまってる節がありますが、それもまた違うような…。少しでも気になった方はせっかく文化庁がアーカイブを残してくれていますからustを全部見ることをオススメします。近藤さんの意図もちゃんと伝わると思います。



Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。