『黄金バット』でナゾー様がいつも叫んでる「RBZ」の意味がナゾだ - アニメ
03
2012

『黄金バット』でナゾー様がいつも叫んでる「RBZ」の意味がナゾだ

CATEGORYアニメ
このエントリーをはてなブックマークに追加
vlcsnap-2012-02-03-17h13m26s30.png


私が毎週、密かに楽しみにしているのが、ニコ動で毎週月曜日に1話ずつ更新される『黄金バット』です。深夜アニメしかみていないアニメオタクが見たら素で憤慨しそうな脈絡のないカオス展開のアニメなのですが、間違いなく面白い。もはや話の繋がりや作画の粗さなど超越したアニメなのです。

さて、その黄金バットには悪の組織のボス、ナゾーが登場します。非常に厳しい悪の首領で、作戦を失敗した部下は容赦なく消していきます。そんな気難しいナゾー様、気持ちが高ぶった時に必ず叫ぶのが「ロンブロゾー」という呪文のようなセリフ。ニコ動では「RBZ」と略されて親しまれています。

vlcsnap-2012-02-03-17h21m49s220.png
vlcsnap-2012-02-03-17h21m11s46.png
↑ 作戦を失敗して呼び出され「言い訳は聞かぬ」と即、ナゾー様に消された部下


黄金バットという作品はカオスすぎて、大抵、突き詰めても仕方ないのですが、このRBZだけは、やたら気になって、いろいろ見ていたのですが、どうも由来はイタリアの精神科医で犯罪人類学の創始者であるチェーザレ・ロンブローゾという人の名前からとられているらしい。

ただ、なぜこの名前から取っているのかは、明らかになっていないようで諸説出てきます。ナゾー様の名前が、「ロンブロゾ・ナゾー」であるとか、黄金バットがガイコツであるから、そこから派生して行って犯罪学者のロンブロゾーに結びついたとか、いろいろ説があり正確なところはわかりません。

そして最近、読んだのがこの説。なんか有力な感じです。

GOGOワイドらぶらじ - 黄金バット 紙芝居

ちなみに悪役のナゾーは毎回、謎のセリフ「ロンブローゾ」と叫んでいたのですが、この意味不明の言葉は紙芝居時代にとある紙芝居のおじさんが勝手に考案してアドリブで入れていた物で、それを他の人もいつしか使うようになり定着した物らしいのです。実は「ロンブローゾ」というのはイタリアの犯罪心理学者チェーザレ・ロンブローゾの事で、インテリな紙芝居のおじさんが言いだした物なのです。



もはやどれを信じて良いのか分かりません。ただ、もともとは紙芝居の原作ですし、今となっては分からないことも多そうです。そもそも、このアニメの本編自体よくわからないことが多いのだ・・・。確かなことはただ一つ、黄金バットが「強い、絶対に強い」ということだった。何も問題ない。ありがとうバットさん。


ちなみにナゾー様は、やっぱり放送していたころから人気だったみたいで、キャラソンなんてのが存在していたらしいです。貴重だ。



「黄金バット」 - フルアニMAX - ニコニコチャンネル

3 Comments

-  

深夜アニメしかみていないアニメオタクが見たら

わざわざ比較すんなよ。

2013/06/07 (Fri) 23:50 | EDIT | REPLY |   

ton  

わざわざつっこみに来るなよ

2014/11/13 (Thu) 13:37 | EDIT | REPLY |   

「ま」人むくぽん  

ナゾーの正体

最終回でっナゾーさまっ逃走直後にあらわれた怪獣ゎ、やはりナゾーさまっご自身だったのでせうか??
ぜんぶ異色の四つにょおめめもあったみたひでしゅし。
(正体or覚悟にょ不可逆的変身[←大魔王バーン"鬼眼王"パターン]。。。。いずれにしてもっ早変わりすぎっっ^^)

2015/01/25 (Sun) 11:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment