内装まで凝っているガンダムAGEラッピング電車に乗ってきた。 

DSC03335.jpg
ちはやふるの舞台、近江神宮を見に行くついでに、その沿線である京阪大津線で走っているガンダムAGEラッピング電車も見てきました。京阪大津線といえば、先日、けいおん!ラッピング電車を走らせたことで話題となりました。けいおん!同様、ガンダムAGE電車も、かなり凝ったラッピングが施されていましたよ。



まずは外装から。
でっかくガンダムが描かれております。
DSC03300.jpg
DSC03301.jpg
DSC03302.jpg
DSC03303.jpg
DSC03345.jpg
DSC03336.jpg
DSC03337.jpg
DSC03338.jpg
電車を一周して見てみるとこんな感じです。


ちなみによく見るとヘッドマークをハロにしてあったりしますよ。




ここからは内装。全体的に宇宙をイメージしたラッピングです。
DSC03341.jpg
DSC03347.jpg

中吊りには登場人物の紹介があります。
DSC03342.jpg
DSC03344.jpg

つり革もAGE仕様。
DSC03348.jpg
DSC03343.jpg


やはり京阪大津線の醍醐味は内装まで凝っているところですね。ガンダムAGEラッピング電車は1年間走る予定らしいのです。12月23日まで、けいおん!電車が走っているので、今なら両方見られるチャンスです。
DSC02481_20111104182301.jpg



そして、これが本来の目的だった「ちはやふる」の舞台、近江神宮。
京阪大津線の近江神宮前駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

そしてここがアニメOPに登場する場所。
204C7E2E-2CAF-4BD7-9E31-F84A097BCFE2.jpg
1

BB4E4A47-8F59-4ACE-B48C-A9728233C22D.jpg
2


ここはカルタの全国大会が行われる聖地ということらしいで、今後、アニメ本編にも再び登場するのでしょう。この日は、流鏑馬が行われるということで、朝の時点で準備ができていました。
C91A029F-9E49-4A2C-8955-F9BB1EBC4C7E.jpg

近くには大津宮跡なんてのもあって、ちょっとときめきます。
DCAB626C-9479-43F3-8AD7-4211F8E6E3DA.jpg

そんな感じで「ちはやふる」の聖地をラッピング電車に乗って見に行きませんか。

Comment

Add your comment