「たまゆら」でスイーツを食べるシーンがいつも画面分割される演出について - スポンサー広告アニメ
--
--

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17
2011

「たまゆら」でスイーツを食べるシーンがいつも画面分割される演出について

CATEGORYアニメ
このエントリーをはてなブックマークに追加
先週もだったんですが「たまゆら」でスイーツを食べるシーンが毎回4分割されるのが気になりました。これって、OVA版の2話で同じように4分割されていて、実はちょっと面白いなって思ってました。それが先週みたときに同じ4分割される演出で「あれ」って思って、また今週も同じでした。

たまゆらOVA 2話
OVA2.png


たまゆら-hitotose- 2話
hitotose2-2.png


たまゆら-hitotose- 3話
hitotose3.png



画面分割というと、わりと戦っているものに多く見られて、対比構造を表すのに使うイメージがあります。例えば、画面分割の本家、出崎さんだったり。
20081008003533.jpg

ガンダムの戦闘シーンだったり。


セーラームーンなんかにも出てきてたり。
132156849978987.jpg


それぞれの立場による表情の違いを出したりするのに有効だと思うのですが、「たまゆら」の場合、4人とも、スイーツを食べてる表情が、大きく変わらないんですよね。対比されてません。みんな基本的にスゴク幸せそうな顔をします。これは対比でなく、誰が食べても美味しいんだっていう強調の効果が生まれてます。
vlcsnap-2011-10-17-19h50m54s117.png

ただ、「たまゆら」の場合は、1回のインパクトが地味なのですが、これを毎回、毎回、繰り返されることで、いつ誰が食べても「cafeたまゆら」のスイーツは幸せな気分になってしまうということが刷り込まれていきます。そう考えると、この「強調」の繰り返しは面白い演出です。


ちなみに実は、hitotose2話のパイを食べる前の、このカットだけはパイをいろんな角度から見せて、本来の画面分割の「対比」という役割をしているのも面白かったりします。食べる前に、こんなにもパイを多角的に見せて美味しさを表現しているのです。
hitotose2-1.png



スタッフさんを見ると、OVAの2話は佐藤順一監督のコンテ。hitotose2話、3話はともに佐山聖子さんの絵コンテ。佐藤さんのOVA2話のスイーツシーンを見て、hitotoseで佐山さんが、同じ表現を繰り返すという演出にしたのでしょうか。

気になりますね。



たまゆら~hitotose~第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券(抽選)付き】 [Blu-ray]たまゆら~hitotose~第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券(抽選)付き】 [Blu-ray]
(2011/12/21)
竹達彩奈、阿澄佳奈 他

商品詳細を見る


3 Comments

モラン  

たまゆらのこのシーンは自分も少し気になりました。
一人一人の表情をしっかり見せたかったのだと思いますが、
パイまで角度を変えてアップにしてたのがおかしな感じで面白かったです。

複数人が同時にパイに手をつけるというのは
美味しんぼや味っ子にも似た構図はあったような気もします。
自分が見た印象だとそちらに近い感じでした。

2011/10/17 (Mon) 22:23 | EDIT | REPLY |   

hugie  

パイのシーンは4人がどの部分から、どういう風に切り取って食べるのかという対比でもあったように思います。
ぽってがいきなりレモンの輪切りに手を付けてるのはちょっと驚きました。

2011/10/18 (Tue) 11:29 | EDIT | REPLY |   

西尾西男  

あ、やっぱり料理アニメでよく出てくるんですね。どっちも昔に見て以来見てなかったもので。味っ子は見直したかったのでチェックして見ます。

パイのシーン、確かに、ぽってがレモンから手をつけてる笑) 。どの話数も食べているところは微妙に4人の動きに個性が出ていたりしますね。

2011/10/18 (Tue) 19:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。