『日常』のEDは逆おっさんホイホイだと思う - アニメ
05
2011

『日常』のEDは逆おっさんホイホイだと思う

CATEGORYアニメ
このエントリーをはてなブックマークに追加
日常


御存知の通り『日常』のEDが14話から合唱曲に変わりましたよね。小中学校で歌った合唱曲が選曲されてます。

以下がそのリストです。

「翼をください」(第14話)
「気球にのってどこまでも」(第15話)
「マイ バラード」(第16話)
「怪獣のバラード」(第17話)
「グリーングリーン」(第18話)
「野生の馬」(第19話)
「あの素晴らしい愛をもう一度」(第20話)
「巣立ちの歌」(第21話)
「仰げば尊し」(第22話)
「空がこんなに青いとは」(第23話)



ニコ動で日常を見たときに、流れてくるコメントを見ていると、ある一定年齢を超えると、知らない曲がチラホラあることが感じられます。

「翼をください」「グリーングリーン」「あの素晴らしい愛をもう一度」「仰げば尊し」などは世代を問わず親しまれています。しかし、曲のリリース年を調べてみると、例えば「マイ バラード」のリリース年が1987年、「空がこんなに青いとは」が1984年です。そうなると「マイバラード」は40代の方は確実に中学で歌っていないですね。リリースされてすぐに広まったとも考えにくいので、35くらいがボーダー?、「空がこんなに青いとは」も40代はちょっと微妙?、30代は、分かると思われます。

「空がこんなに青いとは」は1970年に「NHK全国学校音楽コンクール 小学校の部」で課題曲になっているので50代前半くらいまでが歌ったボーダーという感じだと思うのですが、どうでしょう。

ってなかんじで、実際にはすべての曲を小中学生でほぼ網羅したのは30歳前後から下の世代ではないかと思われます。しかし逆に、最新の合唱曲ってわけでも無いので、今の現役、小中学生が歌っている曲を選曲しているというのも考えにくいかも。20歳から30歳くらいが一番ホイホイされる曲じゃないかなぁ。

ってもしや、この記事、地雷踏んだかも。


2 Comments

rio  

なぜ17話の「怪獣のバラード」を飛ばしたんですか・・・?
一番好きな曲なのにショックです

2011/09/06 (Tue) 00:43 | EDIT | REPLY |   

西尾西男  

すみません。間違えて飛ばしてました。修正しました。

2011/09/06 (Tue) 09:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment