スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「タイガー&バニー」と「あの花」、全く対照的な両作品の劇中広告 

アニメを見ていると、ふと現実の銘柄の商品がが出てくることがあります。スポンサーと劇中に宣伝用商品を登場させるというプレイスメント契約を交わして広告を出しているのです。昔からアメリカでは映画やドラマなどで行われていた宣伝方法であります。

日本のアニメでも2000年代に入り、MBS制作のアニメでその動きが、活発になっていました。とくに印象的なのが2006年に放送された『コードギアス 反逆のルルーシュ』。CCがピザハットのピザを好物にしていたことは、話題になりました。また、ピザハットやBIGLOBEの看板が作中に描かれており、ウォーリーを探すかのようにスポンサー看板を探すのもストーリを追うのとは別に話題となりました。
15_2.jpg

turn01001_thumb.png turn01002.png 


2007年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』ではUCCやエビスビールが出てきたのも記憶に新しい出来事です。UCCはリアルの世界でもヱヴァ缶のキャンペーンを行っていたため、劇中にコーヒーが出てきたときに印象が残りやすくしたのも狙いかもしれません。

vlcsnap-2011-05-16-17h22m08s113.png
vlcsnap-2011-05-16-17h22m28s16.png
vlcsnap-2011-05-16-17h22m36s130.png


そんな、近年のプロダクトプレイスメントの流れの中で、新たな試みとして現れたのが今季最大のダークフォースアニメ『タイガー&バニー』です。

『タイガー&バニー』

近未来の街を舞台に、個性豊かな特殊能力者「NEXT」がヒーローとして活躍する様を描いたアニメ作品。作中におけるヒーローたちは、全てスポンサーの援助を受けてヒーローとして活躍しているという設定に基づき、放送以前から実際に各企業向けにヒーローたちのスポンサーを募集するという商業展開が行われている


Tiger26Bunnys.jpg 20110509144131af2.jpg


スポンサーのロゴをヒーロースーツに載せることを前提としたところから作品を作り、そのスポンサー広告が世界観に無理のない形でありながら全面にアピールすることに成功した本作品は、非常に画期的で野心的な作品であり『秘密結社 鷹の爪』のプロダクトプレイスメントに並ぶ近年のアニメでの奇抜な戦略の作品です。

自分的にはタイガー&バニーは、ユニフォームを全面的にスポンサー広告にしている「Jリーグ」が始まったとき以来の衝撃かもしれません。というか自分はタイガー&バニーを見て、あの時の感覚を思い出しました。「Jリーグ」が出来る前は日本でスポーツ選手が、胸にでっかくスポンサーを出している露骨なユニフォームって、あんまり着ていなかった気がするので当時、衝撃でした。
IMG_5879.jpg


派手派手しいタイアップの『タイガー&バニー』が話題になる一方、そんなタイアップで大丈夫かとイーノックに問いかけたくなるのが、今季の本命アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』です。埼玉新聞の紙面で長井監督が「動きに乏しく地味な作品なので」とインタビュー話していましたが、商品タイアップも地味な感じです。

4話で、つるこが家に現れたときに出したのは、変名を使うことなく本物の「カントリーマアム」を使っています。
vlcsnap-2011-05-16-19h42m15s206.png


このシーン、本来であるなら客人である、つるこの方(画像の奥方向)に銘柄を向けるべきであるが、誰もいない方向のカメラ側(画像の手前方向)へ銘柄を向けて、さりげない宣伝アピールをしています。

5話では、めんまの為に買ってきたお菓子を見てみると色々な商品名が出てきています。
Cap20110513-012610ss.jpg
ガリガリ君、サッポロ一番、ペプシは本物を使っているが、ポッキーなどは銘柄を変えてあります。

許可を貰っている商品と貰っていない商品を混在して載せてるってことは、プレイスメント契約はかわされていないのでしょうか。もし契約していたら、契約していない他社商品(と似たもの)とおなじカットに自社商品を載せるのは許可しないだろうと思いますが、どうなんでしょう。

しかし「あの花」はリアルなドラマを描いている作品だけあって
「カントリーマアムしかないけどいいか?」
「ガリガリ君、かわいー」
など、商品名がセリフに出てきても嫌味がなく、自然であるのが強みです。その分、商品のアピールがさり気なさ過ぎるので、やっぱりスポンサーと、どんな契約がなされているのかが気になるところです。

ちなみにOPには「ガリガリ君」や「なっちゃん」「C.C Lemon」と思わしきものが出てきますが、はっきりと商品名は出てきません。
vlcsnap-2011-05-16-16h58m55s23.png
vlcsnap-2011-05-16-16h58m28s208.png

何はともあれ、派手派手しくスポンサーを出してくるタイガー&バニーも、さり気無く商品を出してくる「あの花」も今後どんな商品が作品内に登場するか気になるので要チェックです。

Comment

Name - -  

Title - 

月刊サイタマニアの「あの花」特集号で脚本家が語っています。

こうしたタイアップの場合、通常は「この商品を登場させて欲しい」と制作会社から依頼があり、無理に入れる事が多いとか。

今回の場合はシナリオ優先で、後からタイアップを申し入れたそうです。

「自分が触れて来た物を自由に登場させてもらった」とあります。
2011.05.17 Tue 03:27
Edit | Reply |  

Name - 西尾西男  

Title - Re: タイトルなし

なるほど。ってことは岡田さんの脚本に書かれているもので、許可がとれたものだけを実名の商品名を使っていそうですね。

ありがとうございます。
2011.05.17 Tue 09:53
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 

タイガー&バニーはスポンサーロゴをきちんと見せるレイアウトにせにゃならんし、どんなもんなのかね。(今の所違和感はないけど)
2011.05.17 Tue 10:24
Edit | Reply |  

Name - 西尾西男  

Title - 

6話からアマゾンも参戦しましたし、スポンサーが増えて見せなきゃいけない箇所が増えたらさらに難しくなりますね。
2011.05.17 Tue 21:02
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 

イーノックといえば、エルシャダイ×EDWINはどこから出た企画なんでしょうかね…
2011.05.17 Tue 23:48
Edit | Reply |  

Name - 西尾西男  

Title - 

エルシャダイ側から持ちかけそうな世界観の作品じゃ無いので、エドウィンからの話かなぁと勝手に想像してしまいますが、どっからでしょうね。
2011.05.18 Wed 11:42
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。