ラルクのダンスの衝撃から10年、アイマスが?アビスが?ときメモGS3が?踊る「STAY AWAY」! - アニメ
29
2010

ラルクのダンスの衝撃から10年、アイマスが?アビスが?ときメモGS3が?踊る「STAY AWAY」!

CATEGORYアニメ
このエントリーをはてなブックマークに追加
2000年に流れたこのCMを覚えてますか?

ヴィジュアル系バンドとして売上を勢い良く伸ばし、各賞を総なめにしていたラルク・アン・シエル。あの怪しげな雰囲気を出していたラルクがまさか、踊りだすとは!と当時話題になりました。


あれから10年、ラルクのダンスの衝撃はまだ続いてます。
それがこちらのパロディPV。投稿されたのは2009年。


ラルクのPVの一番有名な最後のダンス部分だけでなく、全編にわたる再現度が凄いです。モーションキャプチャで再現しているという噂ですが、背後の鹿などに小ネタなどもいれて、カメラのアングルなどは、ほぼ合わせているのが凄い。演奏をコピーしているのは、アイマスでナンバーガールアレンジネタを投稿された方らしい。

tetsuyaの動きが地味にうまく再現されてのが楽しい。
個人的に好きなシーンはhydeが床に頭打ち付けてるところ、なんで笑顔なんだ。



このSTAY AWAY、探すと更にダンス部分のみのパロが他にも存在します。
まず「テイルズ オブ ジ アビス」バージョン。


さらに上の「テイルズ オブ ジ アビス」をリスペクトしたのが、こちらの「ときめもGS3」バージョン。


こちらは違うコンセプトでパロディ作成。一度PVを見ればなんとく見えてくる。



各、パロ作の再現度の高さに驚かされることもさることながら、ラルクがダンスを踊ったことの衝撃があれから10年経った今でも続いている、「STAY AWAY」のインパクトに驚きです。


「STAY AWAY」は、2000年にMVA BEST VIDEO OF THE YEARを受賞しております。PVを担当したディレクターは上田拓氏と多田琢氏。多田氏は主にCMを撮影しているディレクターさんです。調べてみると当時、世の中でアッと言わせたCMを数多くだしている方だそうです。


STAY AWAY

『名馬の歴史は絶えてはならない(じゃあどうすればいいの~) 100頭以上に種付けするのさ~/いいじゃないJr.篇』でおなじみ、キムタクが歌い踊った日本中央競馬会の大型エンターテイメントCM。
これぞデジタル合成技術の王道にして基本すぎて誰もやらなかった、ユースケ=サンタマリアの首すげ替えサントリー・カンチュウハイCM。
 
 ただでさえ衝撃的だった2作の手法を足して割ってラルクをかけ合わせた本作が衝撃的でないわけがない。企画は多田 琢。これまでの二枚目路線と打って変わった「不条理なお笑い」クリップは異色中の異色作。

 オープニングからなぜ地下室? なぜサラリーマン? なぜそこに鹿? はてな飛び交うシーン連続の果て、これまた唐突にJRAキムタクばりの群舞が繰り広げられる。おおおお踊る踊る。群舞を従え踊る踊る。誰がって、hyde が、ken が、tetsu が、yukihiro が、『女の馬を牝馬(ひんば)と呼ぶのさ(メスと呼ばないで~)アハン、アハン!(メスと呼ばないで~)/桜花賞篇』とばかり、はてなも吹っ飛ぶ勢いで歌い踊るのだ。(注:「STAY AWAY」の歌詞は似ても似つきません)

 hyde だけ見ていたら合成とはすぐに気がつかない。ところが後ろでえらい鳩胸の yukihiro、今にも頭が転げ落ちてきそな tetsu、頭部と胴体のバランスがおかしい ken、の3人が真剣な顔して股を広げ、腰を振り振り、体くねらせ踊っているのである。腹の皮もよじれよう。

 募集をかければ千とダンサーが集まる昨今。フロントの hyde 以外の3人に、わざわざ本人たちの体躯ではないとひと目で分かるダンサーを据えるところが多田 琢&ラルクたる由縁である。そのこころは? どちらも毒ある笑いを好みます。今や「STAY AWAY」は「踊るラルク」が代名詞のクリップとなっている。だが実際のダンス=シーンは30秒もない。人にインパクト与えるには15秒あれば充分。いかにもTV-CM制作人の作である。“衝撃は快感”の秘技「THEどんでん返し」は以前、手掛けた「Pieces」に通ず。

(レコメンド「CHRONICLE 2」より引用)


我々は、「STAY AWAY」の衝撃から10年経った今でも多田琢氏が狙った15秒のインパクトに踊らされているのかもしれませんね。

ちなみにJRAの多田氏のCMはこちら。







ところで数十秒のダンスというインパクトというモノは、この数年後にアニメ界にもやってきます。2006年「涼宮ハルヒの憂鬱」のEDや2007年「らき☆すた」のOPなど、山本寛の仕掛けたインパクト戦術。



そういえばYouTubeが流行りだしたころに、大勢でダンスを踊るOFFが流行り、映像が数多く投稿されました。あの頃みんなが投稿していたダンスに「ハレハレユカイ」や「STAY AWAY」をよくみました。




アニメ界で2次元キャラが踊るブームが来て、それをリアルに踊って、そして一周してリアルであるラルクのダンスを今度は2次元キャラが踊り始めた。そう考えいくと、もう何が何だか分からなくなってきます。

0 Comments

Leave a comment