喜多村英梨や豊崎愛生が徳島に!「眉山山頂秋フェスタ2009×マチ★アソビ」が面白い - アニメ
12
2009

喜多村英梨や豊崎愛生が徳島に!「眉山山頂秋フェスタ2009×マチ★アソビ」が面白い

CATEGORYアニメ
このエントリーをはてなブックマークに追加
この三連休、徳島市でアニメ関連のイベントが連日開催される「眉山山頂秋フェスタ2009×マチ★アソビ」が開催されているのをご存じでしょうか。

発起人は今年、徳島市にスタジオを作り、阿波踊りポスターで話題をさらったufotableの近藤社長。その近藤さんがアニプレックス、マウスプロモーション、アスキーメディアワークスなど業界企業を引き連れ徳島にやってきてます(と勝手に思ってる)。
公式サイト見るとそうそうたる顔ぶれの声優さんや業界関係者がきてるのですが、実際いってみると商業的に走りすぎず、まっったりとしていて、いろんな意味ですごいイベントです。

ちなみに下の2つの画像は2日目の様子を伝える徳島新聞が出してるタウン誌「ニチヤン」の速報版。左は今井麻美さん、喜多村英梨さん、阿久津加菜さん、五十嵐裕美さんのライブの様子、右は納谷僚介さんの講演会が書かれてます。ライブの方は終了の2時間後には配布されてたなんて徳島新聞さん仕事はえー。
CCI20091012_00003.jpg


事前にフライヤーが配布され、数カ所でイベントが行われるのは、近藤社長らしいロックフェスさながらの形式。街がまるごとアニメイベントの会場になるというのは、これまでなかった気がします。地方都市ならではのイベントです。


実は徳島でやるってどうよって思ってたんですが、このイベントを面白くしている大きな要素に、この徳島市の地形にあります。市のど真ん中にそびえ立つ眉山。その頂上がメイン会場なのですが、山の上なので、街の中心なのに関わらずライブや野外上映会を周辺を気にすることなく大音量で行えるのが素晴らしい。アニプレックスの岩上さんも舞台上で「夜に大音量で野外上映会なんて行えるのは日本でココだけじゃないでしょうか、しかも驚いたことに音響よくありませんか」と話してました。ホントに意外や意外、音響がよかったのです。夜空を眺めて9時前まで地べたに座ってみるアニメ上映会はなかなかありません。あと劇場で見逃したセンコロールを見れて良かった。

しかもこんなに人が来るとは思ってなかったのですが、思っていたよりは人がいっぱいでした。
マウスの納谷僚介さんの講演会に250人来たらしいし、声優さんのライブも300人くらいは軽くいた気がしました。多すぎず少なすぎずでいいバランスです。四国という橋を渡らねばいけないという場所が、いい感じに来る人のハードルを上げてくれてますね。

関西圏の人でも大阪からは130キロくらいなので、ちょっと気合いをいれなければという距離。関東からは、かなり気合いを入れなければと身構えてしまうでしょう。実際自分も、実家の千葉にいたら行かなかったと思うし・・・。


最後に、近藤社長は事前に徳島新聞にてこのような話をしてました。。

地方でこういうイベントを行うと、すぐ「町おこし」なんて言葉が出たりしますが、僕は「町おこし」だとは思ってません。「別に徳島死んでないぜ」って・・・。みんなで徳島という地から新しい形で情報を発信し、徳島の地だからこそできるエンターテインメントをやってみたいと思っています。

ほんとにこのイベントは徳島でしか出来ないイベントになったので来年もまた徳島で是非やってほしいです。

まだ今日もやってるので行ける人は是非。豊崎愛生さんが来ます坂本真綾がロープーウェイのアナウンスをやってるのも今日までですよ

0 Comments

Leave a comment