渋谷のまんだらけは、大正浪漫を代表する画家「竹久夢二」の住居跡だった。 - スポンサー広告まんが
--
--

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03
2008

渋谷のまんだらけは、大正浪漫を代表する画家「竹久夢二」の住居跡だった。

CATEGORYまんが
このエントリーをはてなブックマークに追加
大正ロマンを代表する画家、竹久夢二をご存じでしょうか。簡単に説明すると美人画を描いたら「おまえ、美人の絵を描かせたら、めっちゃうめーよ」て言われた人。だと思う・・・。ごめん実は、あんまよく知らないっス。

詳しくはwikipediaを見て。
wikipedia - 竹久夢二

んで、その竹久夢二なんですけど、37歳の時(大正10年)に渋谷に住んでたんですよ。その場所ってのがですね、なんと今のまんだらけが立ってる場所

20080103213936.jpg
↑石碑の後ろには「まんだらけ」の看板が見えます。

びっくりですよ。美人画の天才の家の地下で、美少年たちが、あんなことやこんなことをしている同人誌が山ほど売られているのです(男性向けの同人誌やホビーも勿論沢山あります)。時代が平成になると大変なことになってしまうのですね。

それにしても渋谷のまんだらけには、けっこう行ってるんですが、今日初めて気づきました。石碑まで立ってるのに全く気づかなかった。

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。