2016.05.24

「笑点」OPアニメを支える大ベテランアニメーター竹内大三さん

5月22日放送の「笑点」で司会の桂歌丸さんが引退した。唯一「笑点」に初回から出演していたメンバーで、半世紀もの間、一つの番組でずっとレギュラーを張られてきたというのだから、只々、驚くしか無い。

そんな「笑点」をずっと支えてきていた人が他にもいる。僕らが聞き慣れた、あの「笑点」のOPには、いつもアニメーションが流れていた。実は、あのOPを作っている方は、ちゃんとテロップで紹介されるのだ。
名称未設定

現在、「笑点」のOPを担当されているのは竹内大三さん。宮﨑駿さんと同期で東映動画に入社されたという大ベテラン。「笑点」初代OP「笑点音頭」のアニメも担当していた方で、歴代「笑点」OPの似顔絵の多くは竹内大三さんがデザインしている。最近では似顔絵師としても活動されているようで、河村たかし名古屋市長が似顔絵を描いてもらっていた。また、いろいろ調べてみると、WEBアニメスタイルでデータ原口さんが竹内大三さんについて語ってらっしゃる箇所があった。あの伝説の『ファイトだ!!ピュー太』に参加されていた方だったと驚いた。

倉橋さんは、弟分みたいな感じで永沢さんについていった人なのね。で、さらにその永沢さんの後輩だったのが、竹内大三さん。この人は東映で宮崎(駿)さんと同期だから、最後の正社員だよね。本格的な長編にかすった最後の世代で、本来はフルアニメ志向になっていいはずなのに、『ピュー太』での竹内さんの持ち味は、倉橋さんの対極にある徹底したリミテッドなのね。ガッチャガチャ、ガッチャガチャ動くんですよ。竹内大三がやった回でお勧めなのが、さっきの24話の美人コンテストの回と、15話ですね。暴走し続けて、最後まで暴走しまくって終わる回で、倉橋流とは全然違う動きだけど、作画的に楽しめると思います。




下記には、分かる限り笑点OPの制作者情報をまとめてみた。アニメ制作者の分からない空白部分が多いが、歴代の似顔絵のベースは竹内さんだということは分かる。そんな中、白蛇伝にも参加されていた永沢詢さんが担当した70年代のOPはかなり味があって光っているのも見逃せない。
ちなみに、現在のOPは歴代の中で一番長く放送されているらしい。しかし歌丸さんの引退で来週から新OP になる可能性が出てきた。新たなOPがどのようなものになるのか注目だ!


●「笑点音頭」 (1967年1月29日 - 1969年3月30日)アニメ:竹内大三

●任侠陣傘編 (1970年6月21日 - 1971年12月26日)切り絵風アニメーション(似顔絵・演出は永沢詢が担当)

●日本の昔話編 (1972年1月2日 - 1974年12月29日)水墨画風アニメーション(似顔絵・演出は永沢詢が担当)


●笑点大演芸編 (1975年1月5日 - 1977年8月21日)


●江戸の暮らし編 (1977年8月28日 - 1978年12月24日、1979年9月9日 - 1980年12月28日)

●古今東西大演芸編 (1979年1月7日 - 1979年9月2日)アニメーションの似顔絵・演出は、夢野凡天が担当。

●東海道五十三次編 (1981年1月4日 - 1982年12月26日)エレホン企画


●日本の祭り編 (1983年1月9日 - 1983年10月9日)

●落語の世界編 (1983年10月16日 - 1985年3月31日)

●世界の童話編その1 (1985年4月7日 - 1986年3月30日)アニメ:マルチボックス


●世界の童話編その2 (1986年4月6日 - 1987年3月29日)

●世界の童話編その3 (1987年4月5日 - 1988年3月27日)

●古今東西有名人編 (1988年4月3日 - 1989年12月24日) アニメ:マルチボックス 竹内大三


●江戸の商売編 (1990年1月7日 - 1990年12月30日)

●世界のスポーツ編 (1991年1月6日 - 1991年12月29日)アニメ:マルチボックス


●江戸の生活編 (1992年1月5日 - 1992年12月27日)

●日本テレビ開局40周年記念・日本の昔話編その2 (1993年1月10日 - 1995年12月24日)

●笑点フェスティバル編 (1996年1月7日 - 1997年3月30日)

●笑点メンバーの趣味趣向編 (1997年4月6日 - 1998年6月28日)アニメ:マルチボックス 似顔絵:竹内大三



●笑点七福神編 (1998年8月2日 - 1999年12月26日)アニメ:マルチボックス 似顔絵:竹内大三



●笑点ファミリー編 (2000年1月9日 - 2000年12月24日)アニメ:マルチボックス 似顔絵:竹内大三


●21世紀記念編 (2001年1月7日 - 2001年5月13日)アニメ:マルチボックス 似顔絵:竹内大三
 

●笑点35周年記念・大江戸すごろく編 (2001年5月20日 - 2003年12月28日)

●笑点1900回記念・大江戸笑点街編 (2004年1月4日 - 2006年5月14日)

●笑点40周年記念・新装開店祭編 (2006年5月21日 - 2008年5月11日)アニメ:マルチボックス 似顔絵:竹内大三


●日本テレビ開局55周年記念・落語の世界編その2 (2008年5月18日 - 2016年5月8日)アニメ:竹内大三



このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

2016.05.08

京都に謎のアニメスタジオが存在することを知る

先日、京都へ行った際にホホホ座という本屋さんに寄ってきた。以前は別の場所でガケ書房という名前だった本屋さんをやっていた。当時から個性的な本を揃えている面白いお店で京都へ行く立ち寄ることにしている。

そのホホホ座で、平積みになっていた「洛草」という京都のコミュニティ文芸誌を手に取ったのだが謎の始まりだった。


ペラペラとめくってると、なにやら気になる広告が・・・。


これはアニメスタジオの広告ではないか。
スタジオミッドナイトという知らない名前のスタジオだ。
しかも、電話番号しか情報が載ってない。市外局番が075ということは京都の会社らしい。具体的に言うと京都府京都市、長岡京市、向日市、八幡市、乙訓郡、久世郡、それと大阪府三島郡が075に属する。

僕は店内でこのスタジオについてiPhoneで検索したが、全く情報を見つけられなかった。とにかく店内で悩んでもわからないので、この文芸誌を購入し、店を後にした。

後日、自宅に戻ってから落ち着いて、スタジオミッドナイトという謎のアニメスタジオを調べ始めた。僕の集めた全国のアニメスタジオ情報を見直してみたが、やはりスタジオミッドナイトという名前はなかった。改めてネット上でも情報をさがしたが、やはり何も見つからない。

そんな時、広告書かれた唯一の情報である電話番号を思い出した。この電話番号、調べてみると更に謎なことがわかった。なんとこの電話番号は、広告を掲載してる文芸誌「洛草」を出した「しろべえ書房」という出版社と同じ電話番号だったのだ。確かにここの出版社は漫画を出してたりするみたいだが、映像制作も行っているのだろうか。謎が深まるばかりだ。

電話をかければ全て明らかになるだろうが、何か情報がある方がいたら教えて頂けると助かります。分かったからといって、特に何もないのですけどね(^_^;)


このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

2016.05.07

「響け!ユーフォニアム」仕様になった京アニショップの新しい駅看板を見に行った

このGW、京都へ行ってきました。コミケなどでリアルに会った方々に「京都好きですね」とよく言われるのですが、そんなに好きじゃないですよ。だって、今年は京都へ行ったのが今回が初めてですから(前回、京都へ行ったのは昨年の12月31日だった)。今回、京都へ行ったのは坂本一也さんのトークショーや京都鉄道博物館へ行くなどいろいろ理由はありました。

そんな中、4月に京阪の六地蔵駅と木幡駅に接地されている京アニショップの看板が5年ぶりにリニューアルされたというではないですか。これは見に行くしかない、というわけで行ってきました。

これまではオリジナルキャラの看板だったので、原作付き作品のキャラクターを看板にしちゃうところが少し驚きですね。

六地蔵駅



木幡駅



こんか感じです。
京都へ行った際は見に行って見てください。


ちなみに、現在、京都アニメの本社のすぐ近くに新社屋建設の予定地があるのですが、そちらも見てきましたよ。
3月から工事が始まってるはずですが、大きな穴だけがあいてました。今後、動きがあるのか期待ですね。





続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

2016.04.24

内海紘子さん、アニメ業界での生存確認ができて良かった

この週末のビッグニュースと言えば、内海紘子さんが劇場版の遊戯王で作監として参加されていたという情報でした。内海さんはFree!2期の後、参加した作品が無く、あの『ハイスピード』にすら名前が無かったので、アニメーションDoを退社したのではないかと長らく噂にはなってました。それが、今回、遊戯王のテロップではっきりしたわけです。

Free!のファンは悲しんでいる人が多いかも入れないですが、個人的には、アニメ業界で生存が確認できてホントに良かった。というのも、アニメ業界から去ってしまったと思っていたからです。京都アニメのような地方スタジオは、東京のスタジオとは違って、近くにアニメスタジオがほとんどありません。故にアニメ業界を去ってしまう人も少なくないでしょう。(とは言いつつ京都には最近、あそこのスタジオが開設されたり、大阪に行けば色々なスタジオがあるので全く方法が無いわけでもないけど)


同じく地方にスタジオを持つP.A WORKSはホームページで、「東京での作画育成の難しさ」というQ&Aをこんな風に書いてるいう話を最近、ツイッターのTLで目にした。



スタジオとしてアニメーターを自社に留まらせる魅力ある会社にしたいという思いの裏側に、地方スタジオは東京と違って他に行く所がないという意味も含まれているように感じます。

京都アニメも同じことが言えるでしょう。京都を出るなら東京へ出るしか無い。拠点を東京へ移すとなると、生活も一変し、それなりにハードルが上がってしまうでしょう。そういうことを考えると、僕は内海さんがアニメ業界にと残ってくれて嬉しかった。

荒谷さんや堀口さんのようにアニメ業界を去ってしまった方もいるわけで、もう彼女たちのアニメは見ることができないのが悲しいです。一方でヤマカンさん、高雄さん、最近では坂本一也さんなど、京都を出てから監督をされる方もいるわけで、外に出てからでも活躍を見れれるだけで嬉しいわけです。あと、門脇さんなんて、いまやアニメーターとして超売れっ子になってますからね。

内海さんも今後の活躍に期待したいです。
ちなみに、最近、京アニショップから出た『Free! CREATION NOTEBOOK vol.4』には内海さんのイラストとメッセージが載ってるらしい。年度末まではDo所属だったのかな。



このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

2016.01.30

news&memo

<アニメ>
押井守監督:最新作「ガルム・ウォーズ」が5・20日本公開 ジブリ鈴木Pと12年ぶりタッグ

NEW GAME!:テレビアニメを動画工房が制作 監督は「プラメモ」の藤原佳幸

はいふり:4月からテレビアニメスタート 最新ビジュアルも公開

エンドライド:萩原一至×和月伸宏がキャラ原案のオリジナルアニメ 日テレで4月スタート

TVアニメ「ドラえもん」、アメリカ版を2月から日本でも放送! 米向けローカライズでDoraemonとNobyの物語

劇場アニメ3部作「亜人」、TVシリーズの第4話と第5話は1時間枠で一挙放送! 2月5日25:55から

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起」5月21日からイベント上映開始

ストレンヂアファン感謝祭、西荻窪のササユリカフェで開催 時代劇アニメの作画を語る

東京・大阪で3万1000人を集めたMADOGATARI展が札幌へ 新キービジュアルも公開

「SHOW BY ROCK!!」にショートアニメ、2016年7月より放送 続編に先行放送

キングレコードのアニメレーベル「スターチャイルド」消える 新部署に移行

デジタル作画フォーラム「ACTF 2016」 制作会社が業界の未来を解き明かす

ふるさと納税で“日本アニメーションのスタジオ見学” 2月1日より受付開始

新海誠監督作品『秒速5センチメートル』『ほしのこえ』『言の葉の庭』3月にNHK BSプレミアムで放送決定!

DVD「プロフェッショナル 仕事の流儀 アニメーション映画監督 細田 守の仕事」2月26日発売!

「ご注文はうさぎですか??」展、2016年2月9日より開催決定!

あの頃の復刻商品も! 東京都・六本木ヒルズで"美少女戦士セーラームーン展"

板垣伸のいきあたりバッタリ!第454回 誕生日でした! | WEBアニメスタイル

宮崎駿監督、ハンセン病について語る

『思い出のマーニー』アカデミー賞ノミネートで、野々市市が米林監督を祝する垂れ幕

「日本アニメーション40周年展 ~世界名作劇場とともに~」杉並アニメーションミュージアムで開催

メカニックデザイナー石垣純哉氏が集中的にデザイン画を公開

「境界の彼方」ストップモーション風アクションと機動力

「無彩限のファントム・ワールド」の京アニ的こだわり

2016/01/29 ガラこわ 生コメンタリーの様子(なんとなくver.)

制作本数の増加でアニメの質は本当に下がってるのか?2016年冬アニメ ランキング

劇場版ガールズ&パンツァーで、西住まほが実家近くで犬を散歩させていたことに対する考察

2015秋アニメ K RETURN OF KINGS
2015秋アニメ K RETURN OF KINGS (2)

『プリパラ』アイドルの努力が生み出す輝きと与えるもう一度立ち上がる勇気について

「あずきちゃん」第95話 特急あずさ松本行き

アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第75回 「PONZUさん」
アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第76回 「proserさん」
アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第77回 「よみがえるヲタさん」
アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第78回 「北出栞さん」
アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第79回 「あいたんさん」

『ハルチカ~ハルタとチカは青春する~』 聖地巡礼ガイド ~静岡市清水区~

無彩限のファントム・ワールド(6)(第3話 : 横浜市、みなとみらい地区、山下公園、中華街など)

京阪大津線「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車貸切イベントに参加してきました

2016年1月8日「宇治で『響け!ユーフォニアム』ポストカードに風景印初日カバー」

2015年11月3日「叡山電車『ご注文はうさぎですか??』ヘッドマーク撮影」

2016年2月予定の北米版アニメDVD & Blu-ray


<漫画>
浦沢直樹の14万5千字インタビュー収めた書籍発売、展示イベントの生配信も

燃えよペンタブ!ベトナム漫画界は黎明期


<その他>
藤岡弘、:44年ぶり仮面ライダー1号で主演 「血が騒いだ」

ぼくたちのギャルゲークロニクル「ギャルゲーの歴史に名を刻んだ名作!」1989~2013年

ノートPCも動くACコンセント付きモバイルバッテリー「enerpad AC-24K」が近日発売!

Chromecastをスタンドアロンのメディアプレイヤー化するカスタムROM「rCast」がリリース

びんジュース自販機をホームに設置 観光列車運行に合わせ 岡山・津山駅

新幹線と調和性が高い2020系22編成を2月2日追加投入 ニューシャトル

JR九州、819系「DENCHA」デビューへ エコでスマートな“蓄電池電車”

東海道・山陽新幹線で新チケットレスサービス 交通系ICカードで気軽に

団地は「都市の文脈保存マシーン」だ!


このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | News & Memo | トラックバック(-) | コメント(-) |

2016.01.26

news&memo

<アニメ>
東映アニメ60周年作品『ポッピンQ』 声優&ビジュアル解禁で本格始動

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||:制作会社カラーもネットで話題の“予告編”は偽物と断定 公式ツイッターで

話題騒然「キンプリ」とは? 斜め上に電子ドラッグアニメだった

『ガルパンFebri』で戦車道を紹介します! インタビューで劇場版の裏側も
ガルパンFebri発売 「戦車道の戦車道による戦車道のためのFebri!」

サントラ千夜一夜 / 腹巻猫(劇伴倶楽部)第73回 開眼!マサユキロック 〜銀河旋風ブライガー〜

おそ松たち6つ子がハンコになった 銀行や役所でも使える「おそ松さん」痛印が受注販売スタート

TVアニメ「エスカ&ロジーのアトリエ」ブルーレイBOX発売決定 ニコニコ生放送で発売記念一挙放送も

『アニ×ウォーク with それが声優!』がはじまりました!【2016年1月23日】

「僕だけがいない街」感想 凄い豪華な作りに見えて、実は最下層のレベルの部分ある

本当に相性の良いスタジオが原作を生かすアニメ化をするのはまれ 「昭和元禄落語心中」感想

トップをねらえ!04話 庵野増尾作画(再検証)-01

アニメカイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡を巡る旅、マッドハウス版X-MEN8話脚本:博愛>母の愛のエゴ、そしてぼっちを放置すると世界の危機すら起こる

2015年10選 - 藤四郎のひつまぶし

アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第73回 「エーテライトさん」
アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第74回 「FLHRさん」

「だがしかし」舞台探訪001 ほたるさん出発・千葉市善勝寺バス停など(1話・3話OP)


<漫画>
谷口悟朗 初のマンガ原作 「ATRAIL-ニセカヰ的日常と殲滅エレメント-」1月26日刊行

「日常」完結記念、特製スケッチブック当たるキャンペーンが開催中

聲の形の聖地巡礼(3巻表紙 大垣駅5番線)


<その他>
デュアルOS版も登場したCherry Trail搭載の中華タブレット『iWork8旗舰版』

So-net、毎月500MB未満のデータ通信なら無料で提供する画期的なSIMカード「0 SIM」を発表

中央・青梅線へのグリーン車導入控え 青梅駅新ホーム、完成は19年秋に

宇都宮ライトレールなど、実施計画を申請…2019年12月開業目指す

先代「スカイライナー」ついに引退、さよならツアー実施


このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | News & Memo | トラックバック(-) | コメント(-) |

| ホーム | 次ページ